コンテンツへスキップ

知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、個人での相場は3万円程度といったとこでしょう。
インターネットが発達した現代では、通販(自分の目で商品を確認できない分、トラブルも起きやすくなります)ショップを利用する人も多く、胡蝶蘭専門店も、インターネット通信販売(自分の目で商品を確認できない分、トラブルも起きやすくなります)への対応が進化しています。東南アジアで19世紀に発見された胡蝶蘭は、国内に持ち込まれたのは、明治の頃の話です。

蝶の様な花を咲かせるというところから、名前の由来が来ているのが胡蝶蘭(コチョウラン)ですが、胡蝶蘭の美しさや高級感が贈り物として浸透した要因でしょう。

花を贈られて嬉しくない人はそういませんが、贈る人のシーンに合った花言葉を持つ花を贈ることで、雰囲気で決めたフラワーギフトよりも想いが伝わりますね。
例えば、おめでたいシーンでの胡蝶蘭を目にしますが、胡蝶蘭共通の花コトバ、「純粋な愛」「幸せを運んでくる」のほかにも、色別にそれぞれの花言葉をもっています。胡蝶蘭を例に出しましたが、贈られる側の場面に合わせて花言葉を添えることで、より心のこもった素敵な贈り物になるはずです。

花ギフトで胡蝶蘭を贈るというのは、お祝い事だけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。胡蝶蘭の花言葉には「純粋な愛」という意味もあって、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされており、葬儀などの場面でも贈ることはマナー違反ではないそうです。

日本にまで胡蝶蘭が広がることになった歴史の始まりは、19世紀に貴族や裕福層の間で起こったヨーロッパの欄ブームで、群を抜いたその優美な立たずまいが、より美しい新種を求めることになり、胡蝶蘭の原種発見につながるわけです。

携帯でインターネットが出来るようになった昨今では、花ギフトの通販(自分の目で商品を確認できない分、トラブルも起きやすくなります)も、最近ではスマホから簡単に注文できます。

それに加えて、細かいサービスも向上しているので、メッセージやラッピングなど細かな点まで無料で行ってくれるのです。配達についてもそうで、全国でのスピーディな配達や、場合によっては当日に配送してしまえるショップもあります。
花を贈るのも随分と便利になりましたね。お祝いに贈る花として胡蝶ランが人気なのは訳があります。

一例を挙げると、蝶の羽に由来する名前通りの華やかさ、さらに、胡蝶蘭の持つ花ことばや長持ちすることも理由の一つです。

普通の花束は、数日から1週間程度しか持ちませんし、そういった意味でも、1ヶ月から2か月も日持ちする胡蝶蘭(コチョウラン)が人気なのです。
おめでたいシーンや門出に贈る花は、やはり、胡蝶蘭を選ぶ人が多いわけです。

参考にしたサイト>>>>>胡蝶蘭の通販の人気店ランキング